年金の専門家による年金相談室。あなたの人生を共に考えプランニングするパートナー。大神令子社会保険労務士事務所。

サイトマップ
年金の専門家による年金相談室 ~大神令子社会保険労務士事務所~
知らないと大変!
「ねんきん定期便」を御存じですか?
送られてきたねんきん特別便が返信されないという問題があるかと思えば、大阪で4万5千通ものねんきん特別便が放置されていたことが判明した等、散々な状況になってしまっているねんきん特別便ですが、実はこれは「ねんきん定期便」を正確にお送りするための前段階にすぎないことを御存じでしょうか?

「ねんきん定期便」の詳しいお話は、こちら↓をご覧下さい。
ねんきん定期便~年金の専門家による年金相談室~

元々、送られる予定だったのは「ねんきん定期便」でした。
ところが、年金記録が正確とは言い難い状況であることが判明したため、とりあえず記録を正確なものにするために送られることになったのが「ねんきん特別便」です。

では、本来送られるはずだった「ねんきん定期便」はどのようなものなのでしょうか?
現時点で確定しているのは以下のとおりです。

ねんきん定期便の送付時期は、2009年4月以降毎年それぞれの方のお誕生月です。その月のうちのいつ頃に送られるかは未定ですが、ほぼその月中には届く予定です。

2009年度のねんきん定期便の内容は
①年金加入期間(加入月数、納付済月数等)
②50歳未満の方には加入実績に応じた年金見込額
 50歳以上の方には、「ねんきん定期便」作成時点の加入制度に引き続き加入した場合の将来の年金見込額
③保険料の納付額(被保険者負担分累計)
④年金加入履歴(加入制度、事業所名称、被保険者資格取得・喪失年月日等)
⑤厚生年金のすべての期間の月毎の標準報酬月額・賞与額、保険料納付額
⑥国民年金のすべての期間の月毎の保険料納付状況(納付、未納、免除等)
の予定です。

ねんきん特別便では年金額がわからないとか、厚生年金の報酬月額や国民年金の加入状況がわからないという御不満を抱かれた方もおいでかと思いますが、実はそれはねんきん定期便でお知らせされる内容だったのです。

2010年度以降のねんきん定期便では、2009年度のお知らせ項目のうち①~③について通知があります。
また、35歳、45歳、58歳では、2009年度と同じ項目についてお知らせがあることになっています。

これだけの項目になりますと、ねんきん特別便以上にわかりにくい書面が送られてくることになるとは思いますが、御自身の年金を正しく知るためには必要なことですので、ネガティブに捉えることなく確実に御確認いただきたいと思います。
もしご覧になられて御不明な点などあるようでしたら、社会保険事務所か社会保険労務士にお問い合わせいただきたいと思います。
尚、全ての社会保険労務士が正確に対応できるわけではありませんので、年金を専門に扱っている社会保険労務士へ御相談下さい。


お問い合わせはこちら 社会保険労務士 大神令子
「ねんきん定期便」に関する御相談は…
年金の専門家による年金相談室
          ~大神令子社会保険労務士事務所~