年金の専門家による年金相談室。あなたの人生を共に考えプランニングするパートナー。大神令子社会保険労務士事務所。

サイトマップ
年金の専門家による年金相談室 ~大神令子社会保険労務士事務所~
国民年金基金
国民年金基金
基礎年金に上乗せする第一号被保険者のための公的な年金制度
国民年金基金制度は国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)とセットで自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです。
国民年金に上乗せして厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入していない自営業者などの国民年金の第1号被保険者とでは、将来受け取る年金額に大きな差が生じます。
この年金額の差を解消するための自営業者などの上乗せ年金として、厚生年金などに相当する国民年金基金制度が平成3年4月に創設されました。
ただし、国民年金基金への加入については、「ねんきん特別便」「ねんきん定期便」には記載されません。加入状況などの確認は、加入されていらっしゃる基金へお問い合わせ下さい。
国民年金基金イメージ
国民年金基金は「地域型」と「職能型」の2種類
国民年金基金には、47都道府県に設立された「地域型基金」と25の職種別に設立された「職能型基金」の2種類があります。この2種類のそれぞれの基金が行う事業内容は同じです。なお、加入する場合はいずれか一つの基金にしか加入できません。どちらに加入されるかは、加入される方が選択することになります。
地域型国民年金基金
 地域型基金に加入できるのは、同一の都道府県に住所を有する国民年金の第1号被保険者の方です。
職能型国民年金基金
 職能型基金に加入できるのは、各基金ごとに定められた事業または業務に従事する国民年金の第1号被保険者の方です。
加入できる人は?
国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます(全額免除、一部免除、学生納付特例および若年者納付猶予を受けられている方は対象となりません)。
掛け金を掛ける
国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます(全額免除、一部免除、学生納付特例および若年者納付猶予を受けられている方は対象となりません)。