年金の専門家による年金相談室。あなたの人生を共に考えプランニングするパートナー。大神令子社会保険労務士事務所。

サイトマップ
年金の専門家による年金相談室 ~大神令子社会保険労務士事務所~
よくある質問
年金を65歳までに貰ったら損?
65歳までに受けとるかどうかというのは、年金の繰上げ請求についての御質問だと思います。繰上げ請求の詳しい内容につきましてはこちらをご覧ください。
65歳までに年金を受け取ったら損なのかどうかは、その方の生年月日や加入していた制度によって変わってきます。

老齢厚生年金は、生年月日によって受け取り始める年齢が違います。<具体的にはこちら
この開始年齢から受け取る年金につきましては、65歳前であっても受け取っていただいて損なことは1円もありません。
逆に、65歳までに受け取れる年金は受け取らないで置いておいても全く増えません。むしろ、年金は5年以上遡っては支給されませんので、5年以上放置すれば、その年金は消えて無くなることになります。
65歳までに年金を受け取ることのできる方は、必ず手続をして受け取って下さい。

もともと65歳からしか年金を受け取れない方(生年月日による場合と、国民年金のみに加入されていた方)につきましては、65歳までに年金を受け取られましたら、その分月々の年金額は少なくなります。
この場合、どちらがお得なのか?は、何歳から受け取られるかにもよりますが、御本人様がおいくつまでお元気でいらっしゃるか?にもよりますし、他にも様々な事情によって変わってきます。
ただ、もし可能であるなら、この方々については65歳になられてから受け取られた方が良い場合が多いです。

受け取らないことによって年金額を増やそうとお考えの方につきましては、65歳以降の年金の受け取り開始時期をお考えいただくことになります。もし、65歳までの年金がある方であれば、一旦年金を受け取って、その後受給を停止する形となります。
しかし、これにつきましても損か得かはその方がおいくつまで年金を受け取られるか?の他、様々な状況によって変わってきますので、一概に置いておけばお得、とは言いきれません。

実際に何歳から受け取れば一番お得なのかは、その方によって違ってきますので、詳しいことを知りたい方は、お問い合わせ下さい。



お問い合わせはこちら 社会保険労務士 大神令子
年金の繰上げ請求に関する御相談は…
年金の専門家による年金相談室
          ~大神令子社会保険労務士事務所~