年金の専門家による年金相談室。あなたの人生を共に考えプランニングするパートナー。大神令子社会保険労務士事務所。

サイトマップ
年金の専門家による年金相談室 ~大神令子社会保険労務士事務所~
60歳までの方へ
学生納付特例とは
国民年金は20歳になられましたら必ず加入しなければならないことになっています。
でも、学生でいらっしゃれば保険料を支払うことができないというのもアタリマエといえば当たり前。
以前は世帯単位で収入の少ない御家庭に適用される保険料免除制度しかありませんでしたので、御両親の収入が普通にあれば、学生であっても保険料を全額納めないといけませんでした。その結果、保険料を納めない方が沢山いらっしゃいました。

保険料を納めない(未納)ということは、将来の老齢年金の額が少なくなるということだけではありません。年金には、老齢年金以外に障害年金・遺族年金もあります。そして、この障害年金は保険料を支払っていなければ、1円も出ないのです。
実際に、保険料未納の学生の方が大きなお怪我をなさって、残念ながら障害を持ってしまわれても年金が支払われないということが何件か起きてしまいました。
それではいけない、ということで作られた制度が「学生納付特例」です。


<学生納付特例の対象となる方々>
ご本人様の収入が一定額未満(*1)であること(御家族の方の収入は問いません)と、学生であること(*2)が条件です。
*1:平成20年度の所得基準(申請者本人のみ)
  118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
*2:大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校、一部の海外大学の日本分校に在学する方。
夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、ほとんどの学生の方が対象となります。


<学生納付特例による効果>
1.障害年金・遺族年金について
学生納付特例の手続きをしていれば、保険料を支払っていなくても万一の場合には年金が支給されます。
ただし、あくまでも国民年金ですので、障害基礎年金・遺族基礎年金のみの支給となります。

2.老齢年金について
老齢年金を受給するには、25年以上年金制度に加入し保険料を支払っていなければなりません。
学生納付特例の手続きをしていれば、その期間は25年の中にカウントされます。
ただし、年金額には反映しませんので、満額の老齢基礎年金を受け取りたい場合は保険料を支払わなければなりません。
保険料を支払う時期は10年以内となっています。学校卒業後、就職するなどして収入ができれば、保険料を支払って下さい。
尚、3年度以上経過すると利子がつきますので、早い目に納付された方がお得です。


<手続き方法>
申請用紙はこちらです。
上記の用紙のうち、提出するのは1枚目のみです。あとは控えと説明です。
提出先はお住まいの市役所(区役所)・役場です。郵送するのでもOKです。また大学によっては受付けをしてくれますので、お問い合わせをなさってみて下さい。


<必要書類>
* 必ず必要なもの
・年金手帳
・学生証(有効期限のあるもの) 又は 在学証明書

* 場合によって必要なもの
・前年度の所得証明
・雇用保険受給資格者証 又は 雇用保険被保険者離職票



お問い合わせはこちら 社会保険労務士 大神令子
学生納付特例に関する御相談は…
年金の専門家による年金相談室
          ~大神令子社会保険労務士事務所~